釈明

先日、尺を勘違いしていました。芳林展の作品は6尺×6尺サイズ。5m×5mと勘違い。自分の両手を広げた長さが3m位だと何故か思い込んでいたのです。昔から数字に弱かったし、狭い部屋に紙を広げると、紙がとっても大きく感じるので仕方ないでしょうね。(^^ゞ

1尺は約30.3センチですから、180センチ×180センチでした。(以外と小さいですね)

「起きて三尺寝て六尺」ということわざを見つけました。

意味は、起きて半畳寝て一畳と同じで、人一人が必要とする広さは、起きていれば半畳、寝てせいぜい一畳程度であるということ。必要以上の富貴を望んでも始まらないという意味。満足することが大事という意味も。

これで尺の長さの目安が出来ました。ちなみに6尺×6尺は一坪。この一坪を大切にしたいと思います。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

関連情報


第72回 毎日書道展 開催中

 

「現代日本の書 選抜展示」には

芳竹会長が選抜されています。

 

7月8日~12日

7月15日~19日

7月22日~26日

7月29日~8月1日

 

神奈川書道まつりホームページ

【Twitterアカウント開設しました!】

 様々な情報を発信していきます。ぜひ、フォローお願いします!