愚公山を移す

書初めの宿題。六年生は自分で四字熟語を選んで書きます。

 

その中で、気に入った言葉があったので紹介したいと思います。

 

『愚公移山』 愚公という人の話。

 

努力を続ければ不可能と言われることも必ず達成できるたとえ。

 

書道に関しても、芳竹会長に、「お前はバカか」とよく言われます。

自分の力量を考えず、大きなことを目標にしてしまう癖があるので…。

 

でも、去年は、毎日展で佳作を受賞することが出来たので、

 

目標は大きく、志を持って行動していきたいと強く思いました。

 

ちなみに『強い信念』は五年生の課題。

 

活字のコピー手本では、毛筆の良さが伝えられず寂しいので、半切に拙い字ですが、参考になればと思い書いてみました。こうして見ると、もっと直したいところが見えてくるので勉強になります。

関連情報

神奈川三十人展

2021年11月24日(水)~28日(日)

 

水川舟芳代表が出品します。

 

ギャラリートークは中止のようですが、「小中学生の書道キッズコンクール」が同時に展示されます。


【Twitterアカウント開設しました!】

 様々な情報を発信していきます。ぜひ、フォローお願いします!

芳林書道院YouTube始めました!

毎月の級課題の文字を、歌に合わせて書いてみた動画などをアップしています。

もし良かったらご視聴ください! チャンネル登録・高評価もよろしくお願いします。

 

>>動画視聴・チャンネル登録はこちらから<<

 


神奈川書道まつりホームページ